価値観の変化

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

大人になったなと感じるとき、それは孤独が必要なものだと感じたときかなと思う。

※この記事は俺のネガティブな感情の状態が、どのように変化したか書いているよ。

 

俺は自己肯定感が低いと思ってる。

自分を認めることができてないってことだね。

自己肯定感を高める方法とか、自己啓発本とか読んでみたけど、変わらない。

Why? 当たり前だよね。行動ができない&続けられないからさ。

『今日から一般教養を身に着けよう!』そう思って始めてた勉強も、翌日には布団に入ってYoutube見てる。

習慣にするための力が足りないのかと思って、習慣力の本を読み漁り行動しても、結局は初めに戻った。

 

『俺って本当だめだなぁ。』そんなことを思っていた。

そして、社会人になってずっと続けていた仕事もやめた。

 

ここから心機一転、『自分の好きなことをできるように頑張るぞー!』

『でも自分の好きなこと、やりたいことって何?』

そう感じて退職してから、色んなことを行動に移した。一般教養の勉強をしたり、お金の勉強をしたり、プログラミングの勉強(RubyJavaScript、HTML、CSS)をしたり、ゲーム実況を始めてみたり、小説を書いたり。思いつくことひたすらやった。

でも、だめだった。最短3日、最長3か月、それで終わり。

 

『なんで俺は行動できないんだろう。楽しみたいと思っているのに、すぐに飽きてやめてしまうのだろう。得意なこともないのに、いつもすぐやめてしまう。俺ってなにも生み出せないんだな』

そういう考えに至った。

どんどんどんどん、自己嫌悪が加速していく。

負のスパイラル、二重螺旋に織り込んで、どんどん深みにはまっていく。

 

そんな思いがありながらも、『自分はできる!』そう嘘をついて頑張ろうとした。

自己分析をして、どうやったら頑張れるか、考えて行動に移してみたり。

でも、やっぱり辛い、やっぱり苦しい。

無駄を自覚しながらの行動が、辛くないわけがなかったんだ。

 

それでも頑張ろうとして、Youtubeで役立ちそうな動画を見てたら、一つの漫画動画を見つけた。

みんなも知ってるかな?『【新】フェルミ漫画大学』ってチャンネル。

そこの『知っているだけで人生が変わる言葉5選』という動画を見たんだ。

そこで紹介されていた言葉は、すべて知っていた言葉だったし、『 君が独りの時、誰もができなかったことをなしとげる。』という言葉は、意図しない結果ではあるものの今実践していたものだった。

動画を見て何か変わったか?見てすぐの状態は、モチベーションが上がって、頑張ろうとするよ。でも、何にも変わらない。

 

でもね。最近、ちょっとした変化があったんだ。

ブログをはじめてみようと思って、はてなブログに登録したんだよ。

そしたらさ、今週のお題ってのがあったわけよ。

だから、『書いてみよっかな』と軽い感じで書き始めたわけよ。そしたらさ、ブログのレイアウトが結構好きなものなのに、『一部変更したいなぁ…』と感じたわけだ。

そしたら、【HTML編集】という文字が目に飛び込んできたわけ。

『あ!HTML編集ができるなら、CSSもいじれるんじゃないか? やっぱり!少しレイアウトの調整ができた!やったー!』

なんて思ったわけよ。

そしたら、急にさ。

『自分のやってきたことって無駄じゃなかったんだ』って感じたわけよ。

だってさ、プログラミングの勉強してなかったら、Webサイトのスタイルが変更できることに気づけなかっただろうし、気づけたとしても操作をできなかったと思うんだよ。

本当に急によ?

そしたらさ、ちょっとずつ考えが変わってきたのよ。

『俺には得意なことなんて何もないし、長所もなんもない、短所しかない。』

なんて感じていたのにさ、急に

『そもそも、パソコンを操作できることも得意なことなんじゃない?』

『ゲームも何時間でも続けられるのも、すごいことなんじゃない?』

『何度挫折しても、色んな挑戦を続けられたことも長所なんじゃない?』

『飽き性だから、色んなことに興味を持てるのも長所なんじゃない?』

『新商品見たら、たとえおいしくなさそうでも、買っちゃうのも長所なんじゃない?』

『パソコンで文章を長時間打ち続けられるのも長所なんじゃない?だって、今書いているこの記事だって、全体で3000文字あるし、MinecraftのMODの導入方法を書いた記事も合わせれば今日だけで6000文字以上かいてるよ?』

『パソコンを長時間操作していられることも長所なんじゃないか?だってこの記事を書いている時点で16時間ぶっつけでパソコン操作しているよ?』

とか、今まで長所だとはかけらも思わなかったことが長所に思えてきたわけよ。

 

長所と短所は表裏一体とはよく聞くけれど、その意味が急に理解できた気がした。

そしたらさ、今度は、こんな言葉が頭に浮かんだのよ。

『常識人間を捨てろ。自分の心に従って生きると腹をくくれ。』

この言葉はまこなり社長(Youtuber兼経営者)が、【「常識人間」は成功しない】という動画の言葉。

この動画を見たのは2019年の8月、当時の俺、今の今まで思い出すことはなかったのにね。

 

その言葉が頭に浮かんだ時、無自覚に他者の期待に応えようとしたり、他者の引いたレールの上を歩いていたに気づかされたわけよ。

そしたらさ、急に心が軽くなったの。あんなに辛いと感じていたのに。

本当にびっくりした。急に物の見方が変わり始めたわけだから、そりゃあ驚くよね。

この体験を通して、『人生って完成形を見ずに行うパズルみたいだな。』って思ったよ。

完成形の見えないパズルは、すごく難しくて、手間暇もめちゃくちゃかかるし、めっちゃ大変。

色んな形のピースを当てはめても、はまらない。ようやくはまったと思ったら、まだまだピースはある。

でも、ひたむきに続けていくとパズルが少しずつ埋まっていく。そしてある程度埋まると急に、パズルのはめるスピード上がりだす。

『自分のやりたいこと、好きなこと、得意なこと、長所がわからない』と感じていても、挑戦を続けることで、ある日突然、やりたいことが見つかったり、新しい価値観が芽生えたりするものなんだと感じたわけだ。

 

正直に言うとさ、『もう駄目だと思ったら、いつでも〇ねる』って思いながら、挑戦を続けていたんだよね。

その先に、価値観ががらりと変わるようなコペルニクス的転回が起こるなんて思いもしなかったよ。

 

さて、ここでいろいろ書いたけれど、まとめに入ろうと思うよ。

 

俺はこれまでの人生で、無意識に他者への期待に応えてきたし、その生き方しか知らなかったわけだ。

そして、孤独となり、辛いと思いをしながらも、行動を続けた。

その行動の先に、今があったわけだ。

だから、俺が言いたいことは、

『今の行動は無駄じゃない。それをやめることになったとしても、忘れたとしても、必ず未来につながっている』

ということだ。

 

そして、俺がそれに気づけたのは意図せずして、孤独になったからだ。

孤独であるがゆえに、独りで行動する機会が増え、熟考することが増えた。

孤独であることは、とてもつらいことだ。

でも、その孤独の先にあるものは、人生で大きな価値を生むと確信を持てる。

 

だから、自分のやりたいことに迷ったり、自分がダメな人間なんだと思った時、あえて孤独になってみると良い。

 

孤独であることで、自分を見つめなおし、自分を成長させるカギになる。

そのカギで自分の価値観に変化が訪れたとき、一皮むけた大人になれるのだと、俺は思う。

 

最後に、このブログで今後書いていく内容を簡単に紹介しておく。

自分が好きな漫画やアニメ、映画、ゲームの紹介を予定してる。

あとは、自分が興味持って調べたことなんかも掲載していくよ。以上。